圧力鍋日記

ティファール・フィスラー・WMFなどの
圧力鍋を紹介します。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
永年使える節約暖房は、対流式石油ストーブで暖かい!

対流式石油ストーブ(下部タンク式)は、耐久性があり、灯油の管理を

しっかりすれば20年以上使えます。

トヨトミ対流式石油ストーブKS-67F コロナ対流型石油ストーブSL-51D コロナ石油コンロKT-1610

 

トヨトミレインボーRB-25C(W) アラジン石油ストーブ<ブルーフレーム> トヨトミムーンライターML-25Cブラック

トヨトミコンパクトな石油コンロK-3F トヨトミ石油コンロ

対流式(下タンク式)石油ストーブで、芯の交換の要望にて持参される場合

古いドラム缶を使われている方が多い。

芯交換する為、中を開けてみると、タンク内が真っ赤、芯も真っ赤。

ドラム缶は、3月には灯油は使い切って、ガソリンスタンド又は購入された所に

返すようにしましょう。

私の町では、30数年間、灯油は3月半ばで使い切る事を口酸っぱく言ってきたので

下部タンク式(対流式)石油ストーブの修理は減ったというより、まずなくなりました。

(我が町は、殆ど農家をされている方が多いので、ドラム缶で灯油を管理されている方が

多い。)

 

2017年11月後半から隣町の会社関係の方の修理が殆ど下部タンク内が真っ赤。

ホームセンターや大型電気店等が修理を受けずに、新しく石油ストーブを

すすめるそうな。何も言わずに新しい石油ストーブを買っても、あくる年は

又、火がつかない。という現象になります。原因を追究して新しいのを購入すれば良いが!

 

お客様は、カートリッジタンク式石油ストーブ(反射式)の購入が多いですね。

下タンク式石油ストーブは灯油を入れるのに面倒くさいから、と言われる方が

多いです。使い慣れたら、対流式もいいですし、頑丈にできているし、耐久性が

あります。

我が社は、業務用大型石油ファンヒーターKB-15F(平成6年度製)を

まだ、使ってます。1度修理しただけでまだ使えます。

暖房機を収納する時、下部タンクの灯油をきれいに抜き、全体を拭いて直す。

これだけで長年使えます。

まだ、寒さが続くようです。

石油暖房機に興味のある方は、下記をクリックしてください

コロナ石油ストーブは、こちらをクリックしてください。

トヨトミ石油ストーブは、こちらをクリックしてください。

アラジンブルーフレームは、こちらをクリックしてください。

 

【私のひとりごと】

 

●今から、本格的に寒くなりますね。

昨年末によく出たのが、コロナ対流式石油ストーブSL-51E(木造13畳・コンクリート18畳)を

台所に使いたいという要望が多かったです。通常使われているのが、小さめの反射式石油ストーブ

あまりにも冷え込むのでSL-51Eを!

 

最近、コロナ対流式石油ストーブを修理してみて思ったことは、

品番は変わっても、基本的なものは全く同じ、ただビックリしたのが

部品の質が良くなったこと。本体も頑丈だし、コロナを使われている方が

増えたのも納得いく。やはり、コロナさんは、新潟で作っているという事ですかね。

考え方が、ほんとに寒い場所で使うことをイメージして生産してるのだなと思いました。

 

木造10畳から13畳でお使いの石油ストーブは、SL-51Eをおすすめします。

興味のある方は、こちらをクリックしてください。

 

コロナ対流型石油ストーブSL-51D 

●電動餅つき機は、いかがですか。昨年年末に、バタバタと使っていた餅つき機が

動かなくなったから、つくだけ餅つき機3升つきが多く売れましたが、

草餅をするから、餅コメ以外の材料を入れて作るから、ちょっと大きめの

餅つき機はないのかと言われたので、つくだけ餅つき機4升つきを勧めました。

興味のある方は、こちらをクリックしてください。

エムケーつく・ねる餅つき機

 

 

圧力鍋やIH対応鍋の専門店「三和屋ネットショップ」の


URL http://www.sanwaya.jp

スポンサーサイト
- | 09:30 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sanwaya.jugem.jp/trackback/362